飛行機でイヤホンジャックを使うには?おすすめ商品まで徹底解説

 

飛行機に乗るときイヤホンジャックが2つ穴だったため自分で持ち込んだイヤホンが使えなかったという経験をしたことはありませんか?

いつも飛行機に乗っている方ならなんともないことですが、久しぶりに飛行機に乗ったり初めてだったりするとちょっと戸惑いますよね。

 

「そもそもイヤホンジャックってどこにあるの?」

「自分のイヤホンを使いたいけど、接続して機内でも使えるのかな?」

 

なんて思うこともあるかと思います。

そこで今回はそんな悩みに答えられるようにイヤホンジャックについて詳しく紹介していきたいと思います。

ゆか(CA)
はじめまして。現役CAのゆかです。

長いフライト中自分のイヤホンで音楽や映像を楽しみたいですよね。

この記事を読めば心配なく楽しめますよ!

 

イヤホンジャックってどこにあるの?

飛行機に初めて乗る方は音楽や映像を楽しもうと思っていてもイヤホンジャックがどこにあるのか戸惑うかもしれません。

目立つものではないため探すのが難しいですよね。

各飛行機によって位置が「前面モニター周辺」「肘掛け内側」「肘掛け先端」と違うので紹介していきますね。

イヤホンジャックの位置
  • 前面モニター周辺

引用:ANA公式ホームページ

  • 肘掛け内側

引用:ANA公式ホームページ

  • 肘掛け先端

引用:スターフライヤー公式サイト

この3種類があります。

もしも探しても位置がわからない場合は客室乗務員に聞いてみるか、前の座席のシートポケットに旅のしおりが入っているのでそこに書いてあるはずです。

また、イヤホンジャックには1口タイプと2口タイプがあります。

以前は2口タイプが主流だったようですが、最近は1口タイプも増えてきました。

イヤホンジャックの1口タイプと2口タイプの違いは?

1口タイプと2口タイプはどのように違うのでしょうか?

また自分で持参したイヤホンは使えるのでしょうか?

せっかく持っていったのに使えなかったとなると悲しいですよね。

イヤホンジャックの違い

1口と2口ではどのような違いがあるのでしょうか。

詳しく解説していきます。

イヤホンジャックの違い
  • 【イヤホンジャック】1口タイプ

一般的なオーディオジャックでいつも使用しているイヤホンがいつも通り使用できる

  • 【イヤホンジャック】2口タイプ

 デュアルジャックと呼ばれるもので、通常のイヤホンのプラグでは使用できない

機内で使用できるイヤホンを配布している航空会社もありますが、もし自分のイヤホンが使いたい場合はオーディオ変換アダプタを使えば使用できます。

こちらの変換アダプタを使えば使用できます。

機内で配られるイヤホンでは音質が満足できないという方、耳が痛くなるのが心配という方は用意しておくと安心です。

Bluetoothのワイヤレスイヤホンを使うには

最近はワイヤレスのイヤホンを持っている方も多いですよね。

イヤホンジャックに挿せないから使えないのかなと思う方もいらっしゃるかもしれません。

そう言った場合はBluetoothトランスミッターをイヤホンジャックに装着すればワイヤレスイヤホンでも使用できます。

Bluetoothトランスミッターとは

Bluetooth未対応の機器でもオーディオ機器の入出力端子に接続するだけでワイヤレス機器が使用できるようになる機器

幅55mm×高さ25mm×奥行き12mmでコンパクトサイズなので機内の持ち込みには最適です。

これを使えば機内でもお気に入りのワイヤレスイヤホンで映画や音楽が飛行機のモニターで楽しめます。

ワイヤレスイヤホンが使用できない機材

注意していただきたいのがワイヤレスイヤホンが使えない飛行機が一部あるので気をつけてください

ワイヤレスイヤホンが使えるか使えないかは航空会社ごとというよりは搭乗する飛行機によって変わります。

ゆか(CA)
詳しくはこちらをご覧ください。

最近は使用できる飛行機も多いですが、飛行機の電波に対する耐性の関係で使用が制限される場合があります。

ワイヤレスイヤホンについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください↓↓

ワイヤレスイヤホンは飛行機に持ち込みOK?機内使用の注意点を解説

イヤホンジャックがついてない飛行機

どの航空会社にもイヤホンジャックはついていそうに思いますが、実はLCCには機内エンターテイメント用のサービスがついていない場合もあります。

せっかく持っていったのに役に立たなかったというのは残念ですよね。

各社の対応は様々です。

機内サービスは有料です

機内食や、ドリンク類のご提供は全て有料です。 また、機内エンターテインメント設置や、ブランケットの貸し出し等もございません。

引用:ピーチ公式ホームページ

機内エンターテインメント

フライトによっては、ヘッドセット付きのビデオ・オン・デマンド・ユニットがレンタルでご利用いただけます。映画、TV番組、ミュージックビデオ、お子様向け番組などのコンテンツを用意しています。ヘッドセットだけで音楽チャンネルもお楽しみいただけます。

引用:ジェットスター公式ホームページ

エンターテイメント機能が全くない場合やタブレットやヘッドフォンを有料の貸し出す場合、また専用アプリがあることもあります。

不安な場合は各社に問い合わせてみてください。

どちらにしろ料金が発生したり、予約をしなければいけないなど少し手間がかかります。

おすすめの方法は自分のスマホやタブレットに音楽や動画をダウンロードして、機内で楽しむ方法が良いかと思います。

おすすめの方法
  • Amazonプライム
  • Netflix
  • YouTube

有料のことが多いですが、Amazonプライム会員になっていたらダウンロードできたりするのでしておいたほうが快適な空の旅が楽しめるはずです。

おすすめのイヤホン

長時間飛行機に乗るし、この際イヤホンを購入してみようという方におすすめのイヤホンを紹介します。

とにかく安さが魅力です。

カバンに入れるとコードが絡まってしまいますが、絡み防止スライダーがついているので絡まりにくくなっています。

有線なので飛行機のイヤホンジャックに挿して聴けますし、ノイズキャンセリング機能がついているので飛行機の騒音を気にせず楽しめます。

実用性とコストパフォーマンスに優れています。

コードが邪魔になるので、ワイヤレスが良いという方におすすめです。

価格は高いですが、音質や機能性は抜群です。

しゅん
今いろんなイヤホンが出てるから迷うね!

長時間のフライトになるからいいイヤホンを1つ持っておくのもいいかもしれないね!

まとめ

  • イヤホンジャックの位置はモニター周辺、肘掛け先端または内側にある
  • イヤホンジャックには一口タイプのオーディオジャック、2口タイプのデュアルジャックがある
  • 通常のイヤホンをデュアルジャックで使いたい場合は変換アダプタを使う
  • Bluetoothのイヤホンを使いたい場合はトランスミッターをイヤホンジャックに装着する
  • LCCには機内エンターテイメントサービスがないことも

 

イヤホンジャックは目立つものではないので探すのも大変ですし、慣れていないと大変ですよね。

特に海外に行く場合はフライト時間も長くなるので、せっかくなので映画や音楽を楽しみたいですね。

モニターやイヤホンをうまく使いこなして、快適な旅になるように祈っています!

他にも機内で快適に過ごす方法を知りたい方はこちらの記事もおすすめです↓↓

飛行機で快適に過ごすおすすめグッズ20選!ジャンル別にご紹介

飛行機で大活躍!おすすめ有線ノイズキャンセリングイヤホンとは?

長時間の飛行機フライト対策!快適さアップのポイント徹底解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です