アルコール消毒液は飛行機に持ち込める?ルールを徹底解説!

 

新型コロナウイルスが流行っていることもあり、アルコール消毒液は必須アイテムですよね。

 

「飛行機に乗るときは液体やアルコールのルールが厳しいって聞くけど持ち込める?」

「旅先にアルコール消毒液を持っていきたいけど飛行機に預けても大丈夫?」

 

飛行機内や旅先で使いたいけど、持ち込めるかどうかわからないと不安ですよね。

せっかく持っていったのに持ち込めず没収されたなんてなったら元も子もありません。

今回はそんなアルコール消毒液の飛行機での取り扱いについて詳しく説明していきます。

 

ゆか(CA)
こんにちは!現役CAのゆかです!

新型頃のウイルスも流行っているしアルコール消毒液を持っていきたいですよね!

これを読めばきっと安心して持ち込めますよ!

 

飛行機にアルコール消毒液は持ち込める?

飛行機にアルコール消毒液は持ち込みも預け荷物にも持ち込むことは可能です。

航空会社や国土交通省のホームページには次のように記載されています。

新型コロナウィルスの影響に伴い機内に消毒液は持ち込めますか。

以下製品の除菌剤については、飛行機への持ち込み、お預け共に不可としております。

【対象製品】

「製品に腐食性物質(亜塩素酸ナトリウム水溶性)が生じる一部空間除菌製品 」

使用する際に粉末剤を混合したり、もしくは製品を曲げることにより成分が混合され、製品に腐食性物質(亜塩素酸ナトリウム水溶液)が生じる一部空間除菌製品

例)クレベリン置き型、クレベリンスティックペンタイプ・フックタイプおよびその類似製品

※ジェルタイプの除菌剤など直接肌につけるものについては、持ち込み、お預けともに可能です。

ほか除菌剤については現在のところ制限はありませんが、今後変更となる場合がございます。

引用:JAL公式ホームページ

クレベリンの置き型、ペン、フックタイプ以外ならルールを守れば今のところ持ち込めるようです。

引用: 国土交通省公式ホームページ

国際線に関してはこのような対応になっています。

100ml以下、袋に入れるなどルールはありますが持ち込めるようですね。

みずき
とは言っても国際線の液体の持ち込みは厳しいし、アルコールのルールもあるって聞くけど大丈夫かしら?
ゆか(CA)
もう少し細かいルールがあるのでこれから説明していきますね!

【国際線】アルコール消毒液の取り扱い

引用:中日新聞公式ホームページ

国際線でのアルコール消毒液の取り扱いはどのようになるのでしょうか?

機内持ち込みに関しては液体となるので厳しいルールが適用されます。

飛行機に預ける際もルールがあるので詳しく説明していきますね。

アルコール消毒液の機内持ち込み

国際線の機内持ち込みには厳しいルールがありますよね。

アルコール消毒液を持ち込むためにはどうすればいいのでしょうか?

国際線ご利用の際、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は、航空機内への持ち込みが禁止されております。
ただし、下記の場合は持ち込み可能です。 ※100ml(g)=3.4オンス

引用:成田空港公式ホームページ

アルコール消毒液も100ml以下の容器に入れてジッパー付きの再封可能な透明プラスチック袋に入れて持ち込むことができます。

100ml以下であってもジッパー付きの袋に入っていない場合は持ち込みできないので気をつけてください。

液体の機内持ち込み用の袋のルール
  • ジッパー付きで透明
  • 大きさは縦20cm以下×横20cm以下
  • 容量は1リットル以下
  • マチ付きの袋は1リットル以上になるので使用不可
  • 袋は1人1袋のみ

引用:成田空港公式ホームページ

このような袋に入れて持ち込めば機内でも使用することができます。

ゆか(CA)
自分で用意するようになるので、自宅でしっかりと準備してきてくださいね!
しゅん
国際線になると飛行時間も長くなるしあると安心だね!

液体持ち込みの際の袋について詳しく知りたい方はこちらの記事も見てみてください↓↓

国際線の飛行機に液体を持ち込む場合、どんな袋を使えばいい?

アルコール消毒液の預け荷物

機内持ち込みで持っていくのは没収されるのが心配だから預け荷物に入れておこうと考える方もいらっしゃると思います。

しかし、アルコール消毒液を預け荷物に入れる場合も液体のルールがあるので容量などには注意してください。

【国際線】預け荷物の液体ルール
  • 1容器あたり0.5リットルまたは0.5kg以下
  • 1人当たり2リットルまたは2kg以下

これ以上は預け荷物にも入れられないので容量オーバーに注意してくださいね。

また、上空で漏れてしまわないようにビニール袋などに入れておくようにしましょう。

預け荷物の液体物の取り扱いについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください↓↓

【飛行機】預け荷物の制限はある?液体ルールと対策を徹底解説!

【国内線】アルコール消毒液の取り扱い

国内線に関しては機内持ち込み、預け入れ荷物ともに同じルールが適用されます。

【国内線】アルコール消毒液のルール
  • 1容器あたり0.5リットルまたは0.5kg以下
  • 1人当たり2リットルまたは2kg以下

この範囲内ならアルコール消毒液の持ち込み、預け荷物とも可能です。

手ピカジェルを航空機内に持ち込んでもいい?

手ピカジェルは消防法上の危険物に該当しますが、この危険物の航空機内への持ち込みについては、国内線と国際線では対応方法が異なります。 【国内線】 機内への危険物の持込みは原則的に禁止されていますが、「危険物であっても航空機内への持ち込みができるもの」として「1容器が0.5kgまたは0.5L以下で上限2kgまたは2Lまで」であれば持ち込みが可能です。したがって手ピカジェル(60mL、300mL)は、上限量までは航空機内に持ち込むことができます。 【国際線】 「航空機内への液体物持込制限」により、あらゆる液体物を手荷物として持ち込む場合には100mL以下の容器に入れ、それらを1L以下のジッパーのついた透明プラスチック袋に入れる必要があります。したがって、手ピカジェル(60mL)は航空機内に持ち込むことができますが、手ピカジェル(300mL)は航空機内に持ち込むことができません。

 

引用:健栄製薬公式ホームページ

手ピカジェルを販売している健栄製薬の公式ホームページにもこのように記載されています。

しゅん
よほど大きいものではない限り大丈夫だね!

飛行機に持ち込むのにアルコール扱いになる?

実は飛行機の機内持ち込みや預け荷物にはアルコール度数によって制限がかけられていいます。

このルールがアルコール消毒液には適用されないのか心配になりますよね?

アルコールの持ち込み預け入れルール
  • アルコール度数24%以下制限なし
  • アルコール度数24パーセントを超えて70%までは5リットルまで
  • アルコール度数70パーセント以上持ち込み預け入れ不可
  • 小売販売されている容器のまま

Yahoo知恵袋で同じような疑問を持った方が消毒用のエタノールが機内に持ち込めるかどうか分からない方がANAに問い合わせていましたので紹介します。

スミマセンANAに問い合わせました
大丈夫とのことです。

今後似たような疑問ある方のためにも
以下にANAからの返答メール残しておきます。

いつもANAをご利用いただきましてありがとうございます。

お問い合わせについて、消毒用のエタノールにつきましては

医薬品や医薬部外品の表示があるもの、または医薬品や医薬部外品をとして国から許可を得ているものであれば

1容器当たり0.5kg又は0.5ℓ以下の容器で、1人2kg又は2ℓまで機内持ち込み・お預かりともに可能でございます。

この度のエタノールにつきましてもお預かりが可能でございますので

当日は、液漏れのしないようしっかりと蓋を閉めビニールなどで密封したうえでお手荷物へお入れいただきお預けくださいますようお願い申し上げます。

消毒用エタノール,第3類医薬品,飛行機,国内線,C2H6O,イソプロパノール,消毒用エタノールIP 

引用:Yahoo知恵袋

他にもブログで国土交通省に問い合わせた方がいらっしゃいましたので紹介します。

あまり具体的には書かれていないので、国土交通省航空局安全部に問い合わせてみました。

その結果、
飲み物としてのアルコールと消毒や化粧品のアルコールは別に考える

消毒用・化粧品として飛行機に持っていける(ハンドキャリー・預け)のは体に直接使用できるもので、具体的な濃度の規定はない
とのこと。

つまり消毒用エタノールは持ち込みOKなのです!!

引用:JOHOR LIFE

補足

エタノールとはアルコールの一種で別名エチルアルコールや酒精とも呼ばれています。
揮発性の無色液体で特有の芳香を持っています。

https://twitter.com/a37478631/status/1245392479026737152

このようにエタノールもアルコールの一種で、消毒用の場合は別物と考えるようで濃度の規定もないようです。

なお消毒用ではない場合は預け入れ、機内持ち込みとも禁止されています。

しかし新型コロナウイルスの影響で消毒液を持ち込む人が急増したのはここ最近の話です。

各航空会社ともに2020年5月時点ではこのような対応ですが、ホームページには今後変更になる可能性がありますと書いてある航空会社もあります。

もし不安な場合は搭乗前にホームページなどで調べておくことをおすすめします。

持ち込めない除菌剤

なんでも持ち込めそうでしたが、持ち込めない除菌剤があるので注意が必要です。

以下のように記載されています。

除菌剤の飛行機への持ち込み・お預けについて

新型コロナウイルスなどの感染症予防のために使用されている空間除菌製品は、航空機にて輸送できない場合がございます。

【商品例】

大幸薬品(株)クレべリン(置き型タイプ、ペン・フック型タイプ)など

ただし、直接手肌につけられる除菌製品や内容物(液体・顆粒など)が人体(皮膚など)や航空機に影響を及ぼさない製品に関しては、引き続き持ち込み、お預けともに可能です。ご不明な点は空港地上係員までお知らせください。

引用:スカイマーク公式ホームページ

このようにクレベリンの置き型、ペンタイプ、フック型タイプともに持ち込み、預け入れ共に禁止されているので注意してください。

引用:東洋経済オンライン

実際に持ち込んでしまうと没収されてしまいます。

販売元の太幸薬品ホームページによるとこのような記載になっています。

【クレベリンシリーズの航空機での扱いについてのご案内】

『クレベリン 置き型』

成分の『二酸化塩素』が 航空法上の『搭載禁止物質』に指定されています。

また成分の『亜塩素酸ナトリウム液』は『危険物』にあたるので、手荷物および預け荷物のいずれでも、航空機に載せることはできません。

■『クレベリン スプレー』・『クレベリン ミニスプレー』

『クレベリン スプレー』・『クレベリン ミニスプレー』においては、内容物が人体(皮膚等)や航空機に対して影響を及ぼさない製品と判断されたため航空機に搭乗される方の手荷物および預け荷物とする場合、容量に制限がありますが、輸送が可能となりました。

詳しくは、ご利用の航空会社にご確認ください。

『クレベリン スティック ペンタイプ)、『クレベリン スティック フックタイプ』

成分の『亜塩素酸ナトリウム液』は『危険物』にあたるので、手荷物および預け荷物のいずれでも機内持ち込みはできません。

引用:太幸薬品公式ホームページ

このように航空法上の搭載禁止物質が含まれているので手荷物でも預け荷物でも飛行機に載せることはできません。

スプレーとミニスプレーなら容量を守れば飛行機に載せることができるようです。

スプレーは300mlで国際線の手荷物には持ち込みできませんが、ミニスプレーなら60mlなので袋に入れて持ち込むことができます。

ちなみにですが、令和2年5月15日に消費者庁から「携帯型の空間除菌用品の販売事業者5社に対する行政指導について」の発表がありました。

しかし、クレベリンはその5社に含まれていないので飛行機以外では安心して使用してください。

クレベリンを飛行機内に持ち込めるかどうか詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください↓↓

クレベリンは飛行機内に持ち込んでも大丈夫?ルールや代用品を紹介!

おすすめのアルコール消毒液

アルコール消毒液いろいろあって分からないですよね。

特に最近は新型コロナウイルスの影響もあって増えてきました。

そこで携帯にも便利なおすすめのアルコール消毒液を紹介していきます。

先ほど公式ホームページで飛行機に持ち込めるという記載があったことを紹介した手ピカジェルです。

これなら安心して持ち込めますし、荷物がかさばりがちな機内でスマートに使用できます。

携帯用で持ち運びが楽です。

シュッとするだけですぐに使えるのも良いですよね^^

除菌シートならお手拭きがわりにも使えますし、アルコールも入っているので高い除菌力を発揮します。

厚手なのでしっかり拭けますよ。

まとめ

  • アルコール消毒液は機内持ち込み、預け入れともに可能。
  • 国際線の機内に持ち込みたい場合は100ml以下の容器に入れて、再封可能な袋に入れる。
  • 国際線預け荷物、国内線機内持ち込み、預け荷物の場合は1個0.5リットル以内1人2リットル以内。
  • アルコール消毒液は飲み物のアルコールルールとは別に考え、濃度の規定もない
  • クレベリンの置き型・ペンタイプ・フックタイプは持ち込み預け入れともにできない
  • アルコール消毒液を持ち始めたのは新型コロナが流行している最近の傾向で今後ルールが変更になる可能性がある

 

持ち込み預け入れともに可能と聞いて安心した方もいるのではないでしょうか?

新型コロナの影響もあってアルコール消毒液を常に携帯しておくと安心ですよね。

旅先で購入すると言っても品不足でなかなか手に入らないし、海外だとどこに売っているかも分からないし外国語表記だと不安です。

しかし、現時点での情報なので今後変更になる可能性があるので随時ホームページなどで確認して見てください。

他にも飛行機の情報に関して詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください↓↓

飛行機の新型コロナ感染対策を徹底解説!機内は清潔に保たれてる?

【国内線】飛行機への持ち込みが禁止になるアイテム9種類とその理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です