『国内線・国際線』 機内へのワックスの持ち込みは可能??

毎日ドライヤー、ワックス、スプレーなどを使ってのセット大変ですよね。
それが旅行となるとそれらを持って行かなければなりませんが飛行機には持ち込みに制限がかかってします物も存在します。
その中でも、「ワックスは液体じゃないし大丈夫だ!」と思っている方もいませんか?
ワックスの持ち込み方にも条件が存在します。
そのワックスを機内に持ち込む条件と、国内線、国際線での持ち込み方の条件について詳しく説明していきたいと思います。

ゆか(CA)
現役CAのゆかです!
おしゃれが好きな皆様の為に快適な旅行をしていただけるよう、お手伝いさせていただきますね!

ワックス持ち込み条件【国内線・国際線】

国内線・国際線問わず、ワックスの持ち込み可です!
ただし、機内へのお持ち込みには条件が付きます。

    国内線 1容器 500ml(g)以下 総量  2L(kg)以下

国内線では、国際線より厳しくはありませんが、ワックスは化粧品扱いとなります。

なので、他の化粧品と合わせて1人当たり2L(kg)以下に納めなければなりません。

    国際線 1容器 500ml(g)以下 総量  2L(kg)以下

国際線は、総量1L(kg)以下で納めジッパー付きの透明な袋(タテ20cm×ヨコ20cm以内)に全ての液体をまとめるというルールが存在します。

ワックスの持ち込みには、気を付けてくださいね。
もし心配な方がいれば航空会社の公式ページで確認したり、聞いてみると確実だと思います。
下にリンク張っておくので気になる方はぜひご覧ください!

JAL公式ページ

https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/baggage/limit/

ANA公式ページ

https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/

しゅん
条件ややこしいしそんなの準備するのめんどくさいな。でもワックスは欠かせないしなー。

条件の範囲を超えてしまえば保安検査場で没収されてしまいます。

しかし、保安検査場の先にあるクリーンエリアの売店で買った液体物であれば機内へ持ち込むことが可能です!
クリーンエリアで販売されているものはあらかじめ安全性が確認されているために持ち込みができるようになっています。

もちろんそこで買ったワックスならば1容器100ml(g)を超えたり指定のジッパー付きの透明な袋に入れたりする必要もありません。

みずき
これなら安心して飛行機に乗れるね!!

ワックスはヘアワックスだけではない!!

スキーやスノーボードをする方ならボード用のワックスは欠かせないですよね!
滑る前・滑り終わった後に塗り、デリケートな滑走面の強化やエッジのサビを防ぐ大事な役割があるため必ず持っていきたいものです。
飛行機にボード用ワックスは持っていけるのか?

  固形・クリームのワックス  スプレー式のワックス
       可       不可

クリーナー状のワックス(液体式のスポンジに染み込ませるタイプ)も不可になってしまうので気を付けてください。

補足

スプレー状のワックスがダメな理由
・引火性のある噴射ガスを使用しており危ない為

不安な方は国土交通省の機内持ち込みについての、お問い合わせ先やリストが書いてあるのでこちらをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr2_000007.html

まとめ

  • ワックス持ち込みには条件がある
  • 航空会社や公式ページを調べてみる
  • クリーンエリアで購入する方法

ワックスについての持ち込みをお話してきましたがいかがだったでしょうか。
意外にも厳しい規定がありましたね。

持ち込むための条件を少し頭に入れておくだけでも、旅行に行くときに役立つと思うので覚えておいてくださいね♪

ここまでご覧いただきありがとうございました。

快適な飛行機の旅を楽しんでくださいね(^^)

よければ関連記事もたくさんありますので、一緒にお読みいただけると幸いです!

飛行機に香水は持ち込める?機内へ持ち込む際の制限や注意点を解説!

化粧品は飛行機内に持ち込みできる?注意点や没収されない方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です