飛行機に香水は持ち込める?機内へ持ち込む際の制限や注意点を解説!

 

お気に入りの香水を旅先でも身に纏いたいですよね。

だけど、、

「香水ってどのくらいの量を持ち込めるの?」

「そもそも香水って機内に持ち込むことができるの?」

旅の思い出として免税店に寄り、お土産として購入される方も多いと思います。

飛行機持ち込む際に、どのような制限や注意点があるのか詳しく知っておくことが大切です。

ゆか(CA)
こんにちは。現役CAのゆかです!

今回は、香水を機内へ持ち込む際の注意点などを詳しく説明していきたいと思います。

荷物検査をスムーズにクリアするために、是非参考にして下さい♪

 

飛行機への香水の持ち込み制限とは?

香水を機内へ持ち込む際の制限は、国内線と国際線で異なります。

規定の量を超えてしまうと、荷物検査で没収されてしまいます。

そのような事を避けるために、持ち込み預け可能な量を紹介したいと思います。

【国内線】制限と注意点

国内線での機内持ち込み・お預けの制限は以下になっています。

持ち込み預け入れ
各容器500ml以下
合計2Lまで可

国内線を利用する際、香水は持ち込み・お預けともに可能です。

機内へ持ち込む際のルールとして、1容器500ml以下と定められています

香水のサイズ展開から考えると、100mlが最大の商品がほとんどなので特に心配は必要無いと思います。

また、持ち込み・お預けともに制限が合計2L以下と定められています。

機内へ液体物を持ち込む際の注意点に関しては、是非こちらを参考にして下さい↓

飛行機の機内への液体持ち込み制限とは!?注意点など徹底解説

【国際線】制限と注意点

国内線と比べ、国際線は厳しい制限があります。

持ち込み預け入れ
・各容器100ml以下
・全ての量を100ml以下にし、ジッパー付透明袋に入れる
・ジッパー付透明袋のサイズの目安は縦横40cm以内
・ひとり1袋まで
制限なし

預け入れに関しては特に制限が無いので、安心してスーツケースにパッキングできます。

国際線では、化粧水や香水に限らずクリーム状やジェル状のモノも液体物として対象になります。

それらの合計が100ml以下であり、かつ透明のジッパー付袋に収まらなければいけません。

液体物はスーツケースに入れておくことが無難ですね。

上記液体物の例
ファンデーション、化粧水、ハンドクリーム、日焼け止め、スプレー、ヘアジェル等

香水の持ち込み・お預けをする際のポイント

国際線と国内線では、香水の持ち込み・お預けの条件が異なることを知って頂けたと思います。

香水はお洒落で可愛いガラスのパッケージが多く、割れてしまったり保管方法が悪い場合、大変なことになってしまいます。

そのようなことが起きてしまわないよう、預ける際のパッキングの仕方、手荷物で持ち歩く際のポイントをご紹介したいと思います。

香水を持ち込む際のポイント

  • 液漏れを防ぐために立てて収納する
  • カバンの奥にしまっておく

機内では、ご自身の管理が行き届くため安心して持ち込むことができますよね。

しかし、気圧の変化で液漏れをする可能性があります。

香水を持ち歩く際や保管する場合は、立てて収納することでそのようなトラブルを回避できます。

また、ガラス製のボトルが多いため衝撃に弱いことを知っておきましょう。

衝撃などで香水が外に出てしまわないよう、カバンの奥にしまっておきましょう。

ゆか(CA)
香水を持ち運ぶのに便利なアトマイザーというものがあります。後ほどご紹介しますね。

香水を預ける際のポイント

  • 衝撃で割れないよう、タオル等で包む
  • ビニール袋に入れる

香水を預け荷物に入れる際は、パッキングの仕方がとても重要になります

私が実際に海外旅行をした際、着陸時にスーツケースを受け取ると、二重ロックした鍵が壊れていたなんてこともありました。

また、貨物に乗せる際にスーツケースを投げて入れる光景は何度も見ました。

国際線では、スーツケースが雑に扱われるので、ガラス製の香水は慎重にパッキングすることが重要です。

香水は基本的にスプレー式+キャップが付いているので、気圧で液漏れをする可能性は低いと思います。

万が一を想定して香水が割れないようにタオルで包んで立てて収納し、液漏れをしたときに備えビニール袋に入れておくことをオススメします。

香水を持ち込む際に役立つ”アトマイザー”

機内に持ち込むだけでなく、普段から香水を持ち歩くことにも役立つのがアトマイザーです。

アトマイザーとは

香水を詰め替えて携帯できる専用のボトルのことです。

アトマイザーはガラス製とプラスチック製の2種類がありますが、ガラス製の使用をオススメします。

みずき
ガラス製に比べてプラスチック製だと香りの劣化がしやすいみたいなの。

また、アトマイザーは100均やドン・キホーテで購入することができますが、安い商品は液漏れなどがしやすい傾向にあります。

そこでオススメのアトマイザーをご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

オススメのアトマイザー

トラヴァーロは香港のブランドで、香水専売のブランドです。

詰め替え方法もとても簡単で、アトマイザーの底からプッシュして香水を入れることができます。

スプレーの霧が細かいので均一に香水を噴射でき、液漏れも全くしないのでひとつは持っておいて損はないと思います。

価格は少しお高めに感じますが、長く使える分コスパは良いと思います。また、4色展開されているのも嬉しいですね!

スプレータイプも販売されていますが、今回はローラータイプをご紹介します。
機内で香水を付けたいけど、狭い空間で強く香るのは避けたい…。」といった方にオススメです。
スプレータイプだと広範囲に付けることができますが、ローラータイプは体の1部に付けることができ、ほのかに香りを感じることができます。
しゅん
香水はひとつの香りに対して、ひとつのアトマイザーを使用することがオススメらしいよ。
みずき
確かにそうだね。香りが混ざってしまうからね!

香水を機内で使用する際の注意点

香水を機内で使用する際に決まったルールはありませんが、マナーを守って使用することが大事です。

お気に入りで使用している香水が、「周りは実は苦手な香りだった…。」なんて可能性もあります。

飛行機は密室した空間であり、国際線になると何十時間も同じ人たちとフライトを共にします。

周りの人を配慮しながら、香水を楽しむ方法をご紹介していきます。

香水を付けるタイミングに気をつける

  • 機内に入る前に付けておく
  • 付け直しは化粧室で行う

スプレータイプの香水だと、密室した機内では周りのモノや人にかかってしまう可能性があります。

そのため、香水は機内に入る前につけておくことをオススメします。

リフレッシュしたい時などの付け直しは、化粧室で行い、香水の蓋をしっかり閉めましょう。

香水の蓋が中途半端に閉まっていると、液漏れの原因になるので注意しましょう。

免税店で香水を購入する際の注意点

旅行の楽しみのひとつに「免税店でのお買い物」を思い浮かぶ方は多いと思います。

ハイブランドの香水を免税店で安く購入することができるので、お土産としても人気のアイテムですよね。

免税店で購入した商品は、問題なく機内に持ち込むことができます。

しかし、「免税範囲」を超えてしまうと追加料金を払わないといけません。

そのような面倒なことは避けたいですよね。免税店で購入する際の注意点をご紹介していきます。

免税範囲で香水を購入する

ゆか(CA)
香水を海外から日本に持ち込む際の制限は、2オンス(約56ml)と定められています。

約56mlまでが、免税店で購入し日本に持ち込むことができます。

しかし、「え、そんなのすぐに超えちゃうじゃん…。」と思う方もいると思います。

香水にはそれぞれパルファムやオードトワレなどの種類があり、種類によって免税範囲は異なります。

香水の免税範囲

香りの濃度が4種類存在し、その中のパルファムだけが2オンス(約56ml)までの制限があり、超えた場合が申告が必要になります。その他の3種類にかんしての制限はありません。

量の制限だけでなく、免税対象になる合計金額にも制限があるので注意が必要です。

合計額が20万円を超える場合には、20万円以内におさまる品物が免税になり、その残りの品物に課税されます。
税関は、旅行者の皆さんに有利になるように、免税となる品目を選択の上、課税します。

引用:財務省関税局公式サイト

パルファム以外の商品を購入する量の制限はありませんが、合計が20万円以上になると課税対象になりますので注意が必要です。

乗り継ぎがある場合は注意が必要

ゆか(CA)
出発地で購入した免税品を、乗り継ぎ地の保安検査で没収される可能性もあります。

経由場所によって免税品を持ち込むことができたり、できなかったりするので、ルールはとても複雑です。

どうしても出発地で購入したい方は、乗り継ぎ地の機内持ち込み条件を知っておきましょう。

「面倒なことはできるだけ避けたい」という方には、最終乗り継ぎ地の免税店で購入することをオススメします。

そうすることで、保安検査で没収されることもなく、難しいことも考えずにすみます。

まとめ

  • 香水の国内線の持ち込み・お預けともに2リットル以下。機内に持ち込む際はひと容器500ml以下まで。
  • 国際線で香水を持ち込む際、液体全ての合計が100ml以下でかつジッパー付の透明袋に入れる。
  • 香水はガラス製の商品が多いため、取り扱いには注意する。
  • 香水を機内へ持ち込む際は、アトマイザーが便利。
  • 免税範囲を理解し、香水を購入・機内へ持ち込む。

 

香水を機内へ持ち込む際の制限・注意点、マナーなどをご紹介しました。

さまざまな注意点を知っておくことで、快適に旅をすることができると思います。

今回ご紹介した点を踏まえ、お気に入りの香水を機内でも楽しみましょう!

機内への持ち込み物について詳しく解説した記事があります。是非参考にして下さい↓

化粧品は飛行機内に持ち込みできる?注意点や没収されない方法!

飛行機に日焼け止めスプレーは持ち込める?ルールや注意点とは?

2 件のコメント

  • 自分が好きな香水を持って
    色々な国をリュック1つで旅したかったので
    知りたい情報を知ることができて
    嬉しいです。
    ありがとうございます。
    旅に役立つ記事も関連にたくさんあるので
    読んでみようと思います。
    これからも記事楽しみにしています。
    陰ながら応援しています。

    • コメントありがとうございます!!
      そして温かいお言葉本当にありがとうございますm(_ _)m
      精一杯、良い情報をお届けできるよう努めて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です