ライターは空港で没収される?持ち込みのルールを徹底解説!

 

喫煙者の方にとって、タバコやライターは欠かせないものですよね。

飛行機の中は一切喫煙が禁止されているので、フライト前やフライト後に一服したいという方もいらっしゃるはず。

 

「旅先でもライターを使いたい!でも飛行機に持ち込んでいいのかな?」

「ライターって危険物に含まれそうで不安だな…」

 

旅先でライターを使いたいけど、飛行機に持ち込めるものってルールが厳しくて不安が多いですよね。

空港でライターを没収されないためにも、そのルールについて一緒に勉強しましょう!

今回は、旅先に持っていけるライターの詳しい種類も紹介するので、お持ちのライターと見比べてみてくださいね。

ゆか(CA)
ライターって危険物に含まれそうですよね。でも大丈夫です!しっかりとルールを守れば旅先でもライターを使用できますよ♩

 

ライターを持ち込むときの基本ルール

機内持ち込みはOK

わかりやすく結論から言うと、ライターの機内持ち込みはOKです!

いわゆる預け荷物となるスーツケースなどに入れるのではなく、機内に持ち込む身の回り品として、一緒に機内に持っていけるんです。

ちょっと意外ですよね。ただし、決められたいくつかのルールがありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

一人ひとつまで機内持ち込みできる

まず、持ち込めるライターは一人ひとつまでです。二つ以上持っていた場合は、手荷物検査で没収されてしまう可能性が高いです。

もし複数個持ち込みたい際は、一緒に飛行機に乗る家族や友人に持ってもらうことも可能でしょう。

一人で飛行機に乗る際は、必ず一人ひとつまでのルールを守りましょうね。

ライターは身につける

もう一つ、ライターを持ち込む際のルールがあります。

手荷物検査を受ける際は、カバンに収納するのではなく、衣類のポケットに入れるなどして体に身につけなくてはなりません

もし、着ている服にポケットがない場合は、手荷物検査の係の方に伝えましょう。それでも問題ありません。

預け荷物はNG

先ほどから、ライターを機内に持ち込むことはOK!とお伝えしておりますが、預け荷物としてライターを預けることは厳禁です。

遠出の場合は、スーツケースなどの大きな荷物をチェックインカウンターで預けるかと思いますが、その預け荷物にはライターを入れてはいけないということですね。

うっかり入れっぱなしにしていて、取り出すのを忘れてしまった!なんてこともあるので注意しましょうね。

ちなみに、これまでに挙げたルールは国内線・国際線ともに共通しています。

持ち込みOKなライター

基本的なライターの持ち込み方について解説しましたが、ライターの種類によっては持ち込めないライターもあります。

まずは、機内に持ち込み可能なライターを紹介していきます。

大半の航空会社では、喫煙用で10cm未満の小型のものと定義されていますが、具体的なライターの種類を見てみましょう。

使い捨てライター

lighter

よく見る一般的な使い捨てライターです。100円ショップなどでも購入できて安価なものですよね。

使い捨てなので、旅先で使い切らないくらいのものを持っていきましょう。

ゆか(CA)
ちなみに、一番おすすめなのがこの使い捨てライターです。
後ほど紹介しますが、海外空港では持ち込みも禁止されている国があります。
しゅん
そうなんだ!たしかに、帰り便で万が一没収されても大丈夫な安いものを持って行けば安心だね。

オイルライター(吸引剤入り)

使い捨てライターの次によく使われるライターですね。

中に、綿でできた吸引剤が入っているものに限られますが、一般的なオイルライターであれば問題ないでしょう。

注意!

※ただし、詰め替え用のオイルは、預け荷物としても機内持ち込み手荷物としても持ち込むことができません。

滞在地で、中のオイルがなくならないよう補充してから出発するとよいでしょう。

安全マッチ

マッチも、一人ひとつまで持ち込みが可能です。

ライターとマッチのどちらをも持ち込むことは禁止されているので気を付けましょう。

電子タバコ・加熱式タバコ

最近は、IQOSなどの電子タバコが人気ですよね。紙巻きタバコから電子タバコに乗り換えた方も多いはず。

電子タバコも、機内に持ち込むことが可能です。

ただし、以下の条件を満たしている電子タバコでなければいけませんので、お持ちのものを確認してみてくださいね。

持ち込み可能な電子タバコ
  • リチウム金属電池はリチウム含有量2g以下
  • リチウムイン電池はワット時定格量100W以下のもの
ゆか(CA)
ひとつ注意点ですが、機内で電子タバコを使用・充電することは禁止されています。十分に充電を済ませておきましょうね。

持ち込みNGなライター

葉巻用ライター

哀愁漂う葉巻タバコですが、残念ながら葉巻用のライターは持ち込みも預けることも不可能です。

強力な青色の炎は、引火の可能性が考えられるため、危険物とみなされるようです。

プリミキシングライター

ターボライターやジェットライターなどの火力の強いライターです。

葉巻用のライターと共通しているのですが、炎の色が青く、火力の強いものはすべて持ち込みも禁止されています。

万能マッチ・摩擦マッチ

先ほど、持ち込み可能なマッチとして「安全マッチ」を挙げましたが、それとは別に、「万能マッチ・摩擦マッチ」というものがあります。

これらは、少しの摩擦で火がつくように作られています。

機内や貨物室で簡単に火がついてしまう可能性があるため、預け荷物としても機内に持ち込むことも厳禁とされています。

しゅん
火力が強かったり、簡単に火がつくものはとても危険だから、持ち込むことができないと覚えておけばいいね。

国によっては持ち込みもNG

日本を出る時は、これまでに挙げたルールをきちんと守れば機内にライターを持ち込むことができます。

しかし、国によってはひとつも持ち込めない空港がありますので、気をつけましょう。

主に、以下の国ではライターの機内持ち込みが禁止されています。

ライターの機内持ち込みが禁止されている国
  • 中国(一部航空会社)
  • インド
  • ミャンマー
  • ドイツ(一部のライター)
  • フィリピン

中には、ライターは持ち込みOKだけど、電子タバコは持ち込みNGという国もあります。

もっと詳しく知りたい方は、ANAの公式サイトを参考にしてみてください!

機内は完全禁煙

ここからは、ちょっとした豆知識ですが、飛行機の中では一切の喫煙が認められていませんよね。

なのに、飛行機のトイレには吸い殻入れがあることに疑問を抱いたことはありませんか?

しゅん
たしかに、トイレの扉にも、個室の中にも、分かりやすいところに吸い殻入れがあるよね!
機内は禁煙なのにどうして?
ゆか(CA)
不思議に思いますよね。
そのせいで、トイレではタバコを吸ってもいいんだなと勘違いする人も少なくはないと思います。

なぜ、飛行機には吸い殻入れが備え付けられているのでしょう?

それは、万が一タバコを吸ってしまった人がいた時、便器やゴミ箱に捨てると火災につながる可能性が非常に高いため、それを避けるよう吸い殻入れが設置されているのです。

みずき
なるほど。あくまでも機内は禁煙だけど、それでも吸ってしまった場合は、吸い殻を灰皿に入れた方が安全という考えだね!

もし機内でタバコを吸っている人がいたり、吸い殻が見つかった場合は、安全阻害行為とみなし、出発地に引き返したり、罰金が課せられたりします。

くれぐれも注意しましょうね!

まとめ

  • 国内線・国際線ともに預けることは禁止だが、機内に持ち込むことは可能。
  • 一人ひとつまで、体に身につけた状態で手荷物検査を受ける。
  • ライターの種類によっては、持ち込み可能なものと不可能なものがある。
  • 機内持ち込みにおすすめのライターは使い捨てガスライター。
  • 火力の強いライターは持ち込み厳禁。
  • 国によっては、すべてのライターを持ち込むことが禁止されている空港もある。

 

ライターを旅先に持って行く際のルールを解説しました。

決められたルールをきちんと守れば、安心してライターを持ち込むことができるようですね。

中でも、安価で機能性の高い、使い捨てライターを持って行くことがおすすめです。

他にも、飛行機に乗る際の手荷物に関して詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね♩

飛行機に歯磨き粉は持ち込み可能?機内での歯磨き方法を解説

飛行機へのお酒の持ち込みにルールはあるの?注意点を徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です