空港に泊まることはできる⁈注意点や快適に過ごせるグッズも紹介

 

実は、空港泊まることができるって知っていますか?

空港はWi-Fiや充電スポットも完備されていて、かなり快適な空間でもあるんですよ!

 

「空港に泊まるってどういうこと?!」

「なるべく安く泊まるには?」

 

なかなか空港で泊まるのを経験されたことのない方も多いと思います。

この記事では、皆さんのそんな疑問にお答えしつつ、空港での泊まり方や、快適な過ごし方を解説します!

ゆか(CA)
こんにちは、現役CAのゆかです!

今回は意外と知られていない、空港での過ごし方を紹介しちゃいます♪

空港に泊まるメリットとは?

大きく分けて、2つの時に空港で泊まることになると考えられます。

  1. 始発電車で空港に行っても間に合わない、早朝便を利用する時
  2. 終電車に乗っても家に帰ることができない、深夜便を利用する時

空港の近くに住んでない限りこういった不便な事態が起こってしまいますよね。

自宅から空港までタクシーを使う、という手もありますがかなり料金が高くなってしまいますよね…。

そんなときに、空港で泊まってリフレッシュしてから行く・帰ることができますよ♪

早朝便で旅行先に行ったり、深夜便で帰ってくれば旅行先での滞在時間を増やすことができます。

こんなメリットがあります。

空港に泊まるメリット
  • 早朝や深夜の便でも利用できるようになる
  • タクシーや近くのホテルを利用するよりもコストを抑えることができる
  • 前泊することで早朝便に余裕を持って搭乗できる
  • Wi-Fiや充電スポットが完備されている場所で時間を潰せる

空港に泊まれば寝坊する可能性も少なくなります。

それでは、具体的にどのようにして空港に泊まることができるのか解説していきます!

空港での泊まり方って?

大きく分けて3つの方法があります。

  1. ホテル
  2. ベンチ
  3. ラウンジ

予算や体調に合わせてこの中から選んでみてください♪

空港内のホテル

こんな方におすすめ
  • お金がかかっても安全を優先したい方
  • 横になって寝たい方
  • 女性の方

実は空港内にもホテルがあるんです!

羽田空港内にあるカプセルホテル”ファーストキャビン羽田”では、1時間800円から滞在、1泊5500円から宿泊することが可能です。

引用:ファーストキャビン公式サイト

上のお部屋はビジネスクラスです。

男性専用フロア・女性専用フロアに分かれているので安心ですよ!

引用:ファーストキャビン公式サイト

こちらはファーストクラスのお部屋となります。

カプセルホテルとはいえ、荷物を広げられるスペースもきちんとあります!

さらにゆっくり過ごしたい方はぜひファーストクラスを利用してみてください♪

大浴場やアメニティもあるのはとっても助かりますよね!

女性用フロアにはなんとヘアアイロンまで完備されています。

注意!

2020年6月現在、ファーストキャビン羽田は新型コロナウイルスの影響で休業しています。今の状況がおさまったら利用してみてください!

成田空港内にも”成田エアポートレストハウス”という宿泊施設があります。

引用:成田エアポートレストハウス公式サイト

空港内とは思えないほど綺麗で広いお部屋ですよね!

部屋から飛行機が見えるプランや、夕食付きプランもあるのでぜひ利用してみてください。

北海道の新千歳空港内にはなんと温泉があるんです!

引用:新千歳空港公式サイト

新千歳空港温泉は、塩分を含むナトリウム塩化物泉です。入浴後の、体に残った塩分が汗の蒸散を防ぐため保温効果が高く、保湿性に優れ、一般に「熱の湯」とも呼ばれています。

引用:新千歳空港公式サイト

飛行機での疲れも吹き飛びますね!

入浴だけではなく、もちろん宿泊もできます。

ベンチで寝る

こんな方におすすめ
  • 予算があまりない方
  • どこでも寝れる方

空港のベンチで一晩を過ごすという方法があります!

宿泊費がかからないので、少しでも安く済ませたい!という方は検討してみてはいかがでしょうか。

手すりがあると窮屈だし、横になることができません。なので、手すりがないタイプのベンチを探しましょう!

みずき
ベンチで寝てもいいの?!起こされたり移動しろって言われそう…。

実は空港の公式サイトでも横になることが認められているんです!

第3ターミナル本館2階

出発ロビーは24時間ご利用いただけ、フードコートエリアには横になれるソファベンチもございます。

引用:成田空港公式サイト

公共の場所で寝ても良いってちょっとびっくりですよね。笑

実際に夏休みなどの混雑する時期には、ベンチで一晩を過ごそうとする人で埋まっていることもよくあります。

しかし、少し気になるのが安全面

女性やお子様がいる場合は、少し値段がかかりますがホテルやラウンジを利用することをおすすめします。

ラウンジ

こんな方におすすめ
  • 横にならなくても良いという方
  • 雑誌や漫画を読んで時間を潰したい方

空港によっては24時間使えるラウンジが用意されていることもあります!

こちらは関西国際空港の”KIXエアポートラウンジ”です。

引用:関西国際空港公式サイト

ネットカフェのような感じをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

6時間利用しても2670円なので、とってもお得です!

漫画や雑誌が充実しているので、好きな方には至福の空間ですね!

パーテーションで区切られたスペースもあるので人目を気にせずくつろげます。

注意!

すべてのラウンジが24時間営業というわけではありません。事前に営業時間を確認することをおすすめします。

宿泊時に便利な空港内のスポット

空港で夜を過ごすために、便利なお店や場所が用意されています!

ぜひ利用して快適な滞在にしましょう♪

24時間利用できる場所をご紹介します。

コンビニ

コンビニがあると安心しますよね♪

羽田空港の第三ターミナルにあるAir LOWSONでは、スーツケースを持ったままでも通りやすいように通路が広くなっているんです!

旅行の際に嬉しい設計ですよね。

日本各地のお土産も売っているので、旅先でお土産を買い忘れた!という方はぜひここで買ってみてはいかがでしょうか。

江戸小路(羽田空港)

引用:東京国際空港ターミナル株式会社公式サイト

羽田空港の4階にある江戸小路。

江戸時代の町並みを再現しており、歌舞伎座をイメージした装飾など、歩いているだけで楽しい場所となっています♪

この江戸小路には24時間営業のご飯屋さんも沢山入っているんです。

夜中にお腹が空いてしまっても安心ですね。

ほとんどが和食のお店なので、海外旅行帰りの方には特に嬉しい場所です!

板前さんが目の前で握ってくれるお寿司屋さんもありますよ♪

みずき
確かに海外旅行に行くと日本食が恋しくなるから、帰ってきてすぐ食べれるのは良いね!

充電スポット

空港内にはカフェ以外にも、コンセントが使える場所がたくさんあります!

成田空港第2ターミナルの2階には、コンセントと机が設置されている作業スペースがあります。

引用:成田空港公式サイト

フリーWiFiも完備されているので、パソコンでお仕事をしたい方にもおすすめです!

シャワー

夏場などは特に、お風呂に入らず飛行機や電車に乗るのは嫌ですよね(^^;)

シャワールームは24時間営業していることが多いです!

羽田空港のシャワールームは1000円/30分ですが、タオルやドライヤーは無料で貸し出してくれます!

ターミナルによっては24時間営業ではないシャワールームもあるので、事前に確認してみてください。

空港に泊まるときの注意点

空港で過ごす際、気をつけていただきたい注意点を紹介します!

防犯

ベンチで過ごす場合、防犯は十分に意識する必要があります

対策としては監視カメラの近くのベンチを利用しましょう。

警備員も24時間監視していますが、日本だからといって油断は禁物です!

警視庁によると、日本でも1年間で約4万件の置き引きが発生しています。

次の章で南京錠を紹介しているので、ぜひ使ってみてください。

ゆか(CA)
手荷物を抱えて寝れば落ち着くし、盗まれる可能性も減るのでおすすめです!

閉鎖に注意

国内線のターミナルは24時間空いている、というわけではありません。

朝の5~6時から空き、24時頃には閉まります。

寝ていたら起こされてしまいます!

国際線のターミナルは1日中空いているので、国内線を使う方も国際線の方に移動しておきましょう。

空港に泊まるときのおすすめグッズ

空港に泊まるのはなんだか気持ちが落ち着かない…という方もいるのではないでしょうか。

持っていくと安心して眠れるグッズをご紹介します!

防寒具

1枚ブランケットがあるととっても便利です!

布団にもなるし、丸めれば枕の代わりとしても使えますよ♪

小さく折りたためるタイプのものだと荷物にならないので、旅行におすすめです。

こちらはフリース生地なので洗濯しやすいのも高ポイントですよね!

アイマスク

夜とはいえ空港は電気が常についていて、思ったよりも明るいです。

こちらはあたたまるホットタイプのアイマスクなので、リラックスできること間違いなしです!

かわいいクマのデザインも癒されますよね♪

南京錠

荷物に南京錠をかけておけば、スリに遭う確率が減ります

スーツケースには皆さん鍵をかけると思いますが、手荷物に鍵をかける人は意外と少ないのではないでしょうか。

こちらはダイヤルタイプなので、開けるための鍵を持ち歩く必要がないので便利ですよ♪

まとめ

  • 空港内のホテルやベンチで安く宿泊することができる。
  • すべての施設が24時間営業というわけではないので注意する。
  • 寝る時は鍵をつけるなど、防犯対策をしっかりとする。

 

空港で泊まるのは馴染みがないかもしれませんが、便利な施設も沢山あって意外に楽しいかもしれません♪

お値段も安く済むので、その分旅行先でお金を使うこともできますよ!

こちらの記事もぜひ参考にして素敵な旅にしてくださいね。

【初心者必見】飛行機のチケットどこで買う?簡単で安心な買い方とは

長時間フライトを快適に!飛行機でぐっすり寝る快眠グッズ8選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です