【ANA】飛行機にモバイルバッテリーは持ち込める?ルールを解説

 

飛行機での長時間のフライトでスマホやタブレットの充電がなくなったらと思うと心配ですよね。

しかし、そんな時でもモバイルバッテリー を持っておくと安心です。

 

「飛行機にモバイルバッテリーを機内に持ち込むと手荷物検査で没収されたりしないかな?」

「スーツケースに入れて機内に預けても大丈夫?」

 

分からないと色々不安ですし、駄目だとわかってスーツケースから取り出さなくてはいけなくなったり没収されると大変ですよね。

今回はANAの飛行機にモバイルバッテリーを持っていくにはどうすれば良いか詳しく解説していきます。

ゆか(CA)
こんにちは!現役CAのゆかです。

充電の心配があるときにはモバイルバッテリー は必須ですよね!

ルールを知っておけば安心して持っていけますよ!

 

ANAの飛行機にモバイルバッテリーは持ち込める?

モバイルバッテリーは機内持ち込み荷物や預け入れの荷物に入れることはできるのでしょうか?

公式ホームページではこのように記載されています。

予備電池】
リチウム金属電池はリチウム含有量が2g以下のもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Wh以下のものは機内へお持ち込みできます。お預けはできません。
リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Whを超え160Wh以下のものは2個まで機内持ち込みできます。お預けはできません。

携帯電話用のリチウムイオン電池内蔵充電器は、予備電池の扱いです。

引用:ANA公式ホームページ

このようにモバイルバッテリーは規定の範囲内であれば機内に持ち込むことができますが預け入れはできません

ゆか(CA)
もし持っていきたい場合は必ず機内持ち込みにして下さいね。

預け入れ荷物には入れられないので取り出してもらうことになります。

これから詳しく説明していきますね。

モバイルバッテリーの規制

どのくらいの容量なら機内持ち込みが可能なのか詳しく説明していきます。

【モバイルバッテリーを持ち込める容量】

ワット時定格量(Wh)機内持ち込み預け入れ
100Wh以下×
100Wh〜160Wh
2個まで
×
160Wh以上××

このように100Wh以下なら個数の制限なく持ち込むことができます。

大体のモバイルバッテリーは100Wh以下なので持ち込むことは可能ですよ。

Wh(ワットアワー)の計算方法

とは言っても自分の持っているモバイルバッテリーが規定の範囲内なのか不安ですよね。

Whなんて書いてないんだけど・・・なんてことも。

mAhとWhは違うので注意して下さいね。

Whの計算方法

Wh(ワット時定格量)=V(電圧)×Ah(バッテリー容量)

  • リチウムイオンバッテリーの電圧は3.7V
  • mAhからAhにするには1000で割る

これで計算していきます。

試しに私のモバイルバッテリーで計算してみましょう。

このモバイルバッテリーは10000mAhで37Whと記載されていました。

きちんとWhも記載されているので計算する必要はありませんでしたが、念のため計算していきます。

10000mAh=10Ah

3.7V(電圧)×10Ah(バッテリー容量)=37Wh(ワット時定格量)

きちんと計算通りになりましたね。

37Whなのでこのモバイルバッテリーは心配なく機内に持ち込めます。

ちなみに100Whは約27027mAh、160Whは約43243mAhになります。

この数字を超えるモバイルバッテリーは注意して下さい。

しゅん
100Whとなるとこのモバイルバッテリーの約3倍なので相当大きい容量だね!

なぜモバイルバッテリーは預けられないの?

機内持ち込みはできるのに預け荷物ではなぜ禁止なのでしょうか?

モバイルバッテリーの中にはリチウムイオンバッテリーと言われるバッテリーが搭載されています。

リチウムイオンバッテリーは外部からの衝撃によって発火や発熱を引き起こす可能性があります。

特に海外では預け荷物が雑に扱われてスーツケースが凹んでしまったなんてこともありますよね。

もし何らかの理由で貨物室で発火してしまったら気付くのが遅れて火災の原因になってしまいます

モバイルバッテリーの事故

実際に飛行機でモバイルバッテリーの事故も起きています。

このようにモバイルバッテリーの事故が起きています。

この2例は引き返して乗客は無事だったようですが、これが貨物室で起こったら対応が遅れてしまい大事故になっていたかもしれません。

預け荷物に預けてしまったら

もし預け荷物にモバイルバッテリーが入っていたらどのようになるのでしょうか?

預け荷物に入れてしまったら?
  • チェックイン時に預け荷物の検査で判明すればその場で荷物を開けて取り出し、再度検査する。
  • その後に発覚した場合は搭乗口で呼び出され検査員立ち会いのもと検査が行われる。
  • 国によっては勝手にスーツケースを開けられて没収されることがある。

容量が規定範囲内なら機内に持ち込むことができますが、容量オーバーだと廃棄になります。

荷物を人前で開けなければならず恥ずかしい目にあったり、せっかく買ったのに没収されて悲しい思いをしたりいいことは何一つありません。

必ずモバイルバッテリーは機内に持ち込みましょう。

カメラやパソコンのバッテリーは大丈夫?

カメラやパソコンなどもバッテリーが入っているから機内に持ち込まなくてはいけないの?と思ってしまいますよね。

【電子機器本体】
リチウム金属電池はリチウム含有量が2g以下のもの、またはリチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が160Wh以下のものは機内持ち込み・お預けともに可能です。
  • 本体の電源を完全にお切りください(スリープモード不可)。
  • 本体を強固なスーツケースまたは衣類等で梱包するなど保護をしてください(偶発的な作動や損傷による発火を防止するため)。

引用:ANA公式ホームページ

このようにモバイルバッテリーとは別物の扱いになるので預け荷物に入れることが可能です。

しかし、カメラなどのバッテリーが本体に入っておらず単体の場合はモバイルバッテリーと同じ扱いになるので預け荷物には入れられません。

電源はOFFにすることや梱包をしっかりするなどルールがあるので注意して下さいね。

詳しくはこちらの記事も参考にしてみて下さい↓↓

飛行機の中にカメラは持ち込みできる?持ち込みの注意点とポイント

【飛行機】パソコンは預けるべき?持ち込み・預け入れの制限や注意点

ANAの飛行機はPC電源やUSBポートはある?

引用:トラベルウオッチ

ANAの飛行機の中にはPC電源やUSBポートがある機種があります。

電源がついていればバッテリー切れの心配がいらないのでとても便利ですよね。

しかし、残念ながら全ての飛行機についているわけではありません。

搭載している機材や使用方法などはANAの公式ホームページを見てみて下さい↓↓

ANA公式ホームページ機内でのシート電源のご利用方法

おすすめのモバイルバッテリー

長いフライトや旅行などに備えてモバイルバッテリーを買おうと思っている方におすすめのモバイルバッテリーを紹介していきます。

くれぐれも発火の可能性がある安価な粗悪品は買わないようにして下さいね。

電気安全法の基準を満たした電化製品につけられている「PSEマーク」がついているかどうかは必ず確認するようにして下さい。

容量の目安
  • 5000mAh・・・iPhone8約1.5回分
  • 10000mAh・・・iPhone XS約3回分
  • 15000mAh・・・iPhone XS約4回分
  • 20000mAh・・・iPhone XS約5回分

どのくらいの容量のものを買えばいいのか分からない方は参考にして下さい。

ケーブルを忘れてしまいがち、ケーブルが絡まるのが煩わしいという方におすすめです。

10000mAhでGalaxy S10を約2.6回、Google Pixel 3を約2.1回も充電することができます。

iPhoneを含むLightning端子機器には対応していないので注意して下さいね。

コンセントプラグ付きUSBアダプタとモバイルバッテリーが一つになっているのでとても便利です。

ケーブルは持っているけどACアダプタを忘れてしまう方におすすめです。

また、コンパクトで5000mAhなのでスマートフォンの充電が1〜2回充電できます。

20000mAhと大容量なのでとにかくたくさん充電したい方におすすめです。

20000mAhは機内に持ち込めるので安心して下さい。

同じ容量のバッテリーと比較しても薄型で小型なので持ち運びにとても便利です。

大容量でハイスピード充電と高機能にもかかわらず5000円台は非常にコストパフォーマンスが良いです。

ゆか(CA)
モバイルバッテリーはたくさんあって迷いますよね。

容量、USBポート数、充電スピードなどポイントを絞って選んでみると良いですよ!

まとめ

  • ANAの飛行機にモバイルバッテリーは規定の容量の範囲内なら持ち込める。
  • リチウムイオンバッテリーは外部からの衝撃で発火や発熱を引き起こすため預け荷物には入れられない。
  • バッテリーの入っているカメラやパソコンなど電子機器本体は160Wh以下なら持ち込み、預け入れともに可能。
  • ANAの飛行機の一部にはPC電源やUSBポートを装備している。
  • モバイルバッテリーはPSEマークのついたものにする。

 

モバイルバッテリーは充電切れの心配をしなくていいので安心してスマートフォンやタブレットを使うことができるので何かと便利ですよね。

くれぐれも預け荷物に入れないように注意することは必要ですが、ほとんどのモバイルバッテリーが機内持ち込みの制限範囲内なので安心ですね。

皆様が快適にフライトを楽しめることを願っています。

他にもおすすめの記事がありますので参考にしてみて下さい↓↓

【ANA】飛行機のキャンセル料はいくら?手続き方法まで徹底解説

【国際線】飛行機への持ち込みが禁止・制限されているものはどれ? 

飛行機の持ち物検査ってどんなことをするの?内容や注意点を解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です