飛行機で赤ちゃんが使えるバシネットとは?使用条件や使い方を解説!

 

まだ小さい子供を連れて長時間飛行機移動、不安ですよね。

 

「ずっと膝の上に赤ちゃんをのせておくのは辛いかな。」

「飛行機のなかでも、赤ちゃんにぐっすり眠ってほしい。」

 

パパ・ママが心配に思うところです。

飛行機では様々な赤ちゃん連れの方向けサービスを提供しており、そのうちの一つが「バシネット」なんです。

パパもママも赤ちゃんもみんなで快適に過ごすために、バシネットの利用を検討されてはいかがですか?

ゆか(CA)
こんにちは。現役CAのゆかです!

「バシネット」は普段は聞き慣れない言葉かと思います。

どんなものなのか、どうやって快適に過ごせるのか詳しく説明させていただきます♪

 

飛行機の赤ちゃんベッド「バシネット」とは?

バシネット

引用:JAL公式サイト

「バシネット(bassinet)」とは飛行機内の座席で使える赤ちゃん用のベッドのことです。

事前に航空会社に予約すれば使うことができるので、小さなお子さんを連れてご旅行される際には重宝するでしょう。

JAL(日本航空)では国際線のフライトのみANA(全日空)では一部のフライトを除く国内線でも無料で設置してもらえます。

使うためには予約が必要だったり、年齢や体重、座席等の条件があるのでのちほど詳しくご紹介します!

バシネットを使うとこんなメリットが!

バシネットを使えば常に膝の上に載せる必要がなくなるのでとっても便利です。

バシネットのメリット
  • 子供が寝ている間に抱っこしなくてよい
  • 長時間フライトの際はとても楽
  • 膝に子供が乗らないので立ち上がるときに楽

航空会社や国内線・国際線によって異なりますが、基本的に2,3歳までのお子さんは大人の座席に一緒に座ることになります。

つまり、膝の上にお子さんが常に座っているという状態です!

これは大人の身体にはかなりの負担がかかります。

そんなときに、バシネットを使えば大人はより快適に飛行機を過ごすことができます。

ゆか(CA)
小さなお子さんを連れての移動は不安だらけかと思います。
少しでもご安心していただくために、私達は出来るだけサポートいたします!

【航空会社別】バシネットの利用条件

バシネットを使うには各航空会社ごとに細かい条件があるので、飛行機のチケットを予約する際に確認することをおすすめします。

以下では航空会社ごとに赤ちゃんの体重などの条件、バシネットのサイズなどを表にしていますのでご覧ください。

※赤ちゃんの条件、バシネットのサイズの表記が様々ですが、各航空会社の記載方法に合わせています。

日本の航空会社

日本国内の主な航空会社2社ではバシネットを使用する場合、下記のような決まりがあります。

航空会社体重制限年齢制限バシネットのサイズ(cm)備考
JAL10.5kgまで
2才未満72×30×15国際線全ての路線で無料貸し出し
事前予約
ANA10kgまで
制限なし85×45×33出発48時間前までに電話での事前予約

JALは国際線のみANAは国内線・国際線ともにバシネットの予約をすることができます。

日本の航空会社ということでバシネット以外の赤ちゃん向けサービスも安心できます。

他のサービスについてはのちほど紹介いたします。

LCC(格安航空会社)

LCCはいわゆる格安航空会社のことです。

バシネットについての利用条件は下記の通りになります。

航空会社体重制限年齢制限バシネットのサイズ(cm)備考
Jetstar制限なし
2才未満記載なしボーイング787型機で運航する国際線のみ
早めに事前予約
Peach貸し出しなし

飛行機のチケットの値段が安い分、サービスや設備は簡易的になります。

大型連休や祝日は飛行機の値段が高くなるため、LCCを選ぶ方も多いかと思いますが購入を検討するサービス内容をきちんとご確認いただくことをオススメします!

海外の航空会社

海外の航空会社でも日本の航空会社と同様のサービスを行っているところがあります。

航空会社体重制限年齢制限バシネットのサイズ(cm)備考
ハワイアン航空9kgまで2才未満81×36×17ほぼ全ての路線
ユナイテッド航空10kgまで制限なし74×28国際線で無料貸し出し
デルタ航空体重9kgまで
身長66cmまで
制限なし記載なし-
エアアジア11kgまで制限なし75×34×22.4機材による

海外の航空会社を利用の際もバシネットの事前予約をしましょう。

海外の航空会社の飛行機のチケットを取る際には旅行代理店を通してチケットを取ることをオススメします。

契約内容や必要書類など分かりにくいこともあるかと思います。

その他の赤ちゃん連れ向けサービスもその際にご確認ください♪

バシネットが使える座席とタイミング

バシネットは全ての座席で使えるわけではありません。

使える座席の決まりがあります。

また、使えるタイミングにも決まりがあるのでしっかりと抑えましょう!

ゆか(CA)
細かい決まりが色々とありますね。
何でも分からないことや不安なことは予約時に伝えるか、飛行機内では私達CAにお尋ねください♪

バシネットが使える座席

座席配置

引用:JAL公式サイト

航空会社の規定によっても異なりますが上の画像はJAL国際線のある機体での例です。

赤いマークがバシネットを取り付けられる位置です。

基本的に飛行機内で座席を仕切り壁に取り付けることができます。

ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスの全てにバシネットを取り付けることができます。

しゅん
そっか、バシネットを使いたい場合は座席の予約をするときに伝えないと使えない席もたくさんあるんだな!
ゆか(CA)
そうですね。航空会社や機体にとっても座席の位置は異なるので、予約時の確認が必要です。

エコノミークラスなど座席の種類については関連記事で説明していますので、気になった方はこちらもご覧ください♪

【国際線】飛行機の座席にはどんなランクがあるの?違いを解説!

バシネットを使えるタイミング

飛行機に搭乗してすぐにバシネットが使えるわけではありません。

使えるタイミングが決まっています!

バシネットを使えるタイミング
  • 離陸してからシートベルトサインが消灯した後
  • 着陸準備を始める前まで(シートベルトサイン点灯前)
  • シートベルトサイン点灯時は使用不可

すなわち、シートベルトサインが消えている間にバシネットを使うことができます。

シートベルトサインとは

離着陸時や緊急時の揺れに備えて座席のシートベルトの着用を促す合図のこと。
飛行機に載ると天井にサインがついている。
シートベルトサインがついていなくても突然の揺れに備えて座席のシートベルトはしておく。

離着陸時やシートベルトサインが点灯するような揺れに備える事態では万が一に備えて、避難の妨げ、立ち上がって移動することの妨げになるものは設置できません。

お子さんも大人もみなさんが安全に使うための決まりです。

機内ではCAさんの指示に従って安全に使用しましょう。

バシネットの使い方

みずき
バシネットを借りられることはわかったけど、使い方が分からない!

バシネットの使い方は簡単です。

事前に使い方を知っておくと安心ですよね!

 

   バシネットの使い方

1
タイミングが来たら設置はCAさんにおまかせ

予約をしていればCAさんが座席を把握していますので、おまかせしましょう。

2
赤ちゃんをバシネットに寝かせるときは頭を通路とは反対側にする。

通路は人の行き来があるため、人やものとの衝突や何かが落ちてくることなどに備えて、赤ちゃんの頭は通路から離しておきましょう。

3
バシネットの安全カバーを必ずつける

安全カバーにシートベルトの役割はありませんが、赤ちゃんの落下を帽子するため安全カバーを必ずつけましょう。

4
バシネットで赤ちゃんを遊ばせない

本来のバシネットは赤ちゃんが寝るためのベッドで、ベビーサークルとして使うためには作られていません。

バシネットの使い方は上記の通りシンプルです。

補足

航空会社によってバシネットの形状は異なります。
基本的には同じですが、安全カバーがベルト形式の場合もあります。
詳しい使い方はCAさんから説明を受けてください!
バシネット

引用:JAL公式サイト

ベビーバシネット

引用:ANA公式サイト

安全にお使いいただくために本来の使用方法以外のご使用(ベビーサークルとして使うなど)はご遠慮ください。

赤ちゃんが起きてしまったときにはCAさんに声をかけて一度バシネットを外してもらうのがいいかもしれません。

ゆか(CA)
抱っこの向きからバシネットに寝かしにくいこともあるかもしれませんが、通路側に頭を向けることは危ないです。
しゅん
安全カバーは赤ちゃんが窮屈そうに見えて可哀想だけど、落下の可能性を考えてカバーをつけたいね。
みずき
ママ・パパは、赤ちゃんを膝の上から離れて遊ばせたいと思うけど、
空の上では安全第一で過ごすことが大切だね。

バシネットの事前予約について

バシネットの事前予約は基本的に電話のみで受け付けています。

航空会社によって予約の規定や数に限りがありますので、飛行機に乗ることが決まってバシネットの利用を考えているのならすぐにお問い合わせいただくことをオススメします♪

旅行代理店を通しての予約の場合は、まずは代理店に相談しましょう。

以下は主な航空会社3社のバシネット予約先です。

航空会社予約先備考
JAL0120-25-0001・国際線のみ
・電話受付 7:00〜20:00 年中無休
ANA0570-029-701・国内線、国際線OK
・出発48時間前まで
・電話受付 9:00~18:00 年中無休
Jetstarコンタクトセンター/ライブチャット・Jetstarホームページより問い合わせ

そのほか赤ちゃん連れ向けサービス

バシネットの貸し出し以外にも赤ちゃん連れのお客様向けに様々なサービスがあります。

赤ちゃんを連れての飛行機移動はただでさえ大変です。

サービスに頼って、快適な旅行にしたいですね。

ここでは国内の主な航空会社であるJALとANAをご紹介いたします。

JALのサービス

バシネット以外にもチャイルドシートの用意があります!

予約が必要なのでご注意ください。

サービス内容
  • チャイルドシートの貸し出し(要予約)
  • チャイルドシートの持ち込み(要予約)
  • チャイルドシートのお預かり(予約不要)
  • 空港内でのベビーカー貸し出し
  • 事前改札サービス
  • ミルク作りのお手伝い
  • おむつ替え専用テーブル
  • 赤ちゃん専用毛布の貸し出し
  • JALオリジナルグッズ(おもちゃ)
事前改札とは

飛行機に乗り込む際、優先的に機内へご案内するサービスです。
小さなお子さんを連れていると、座って落ち着くまでに時間がかかることがありますが、事前改札サービスにて余裕を持って搭乗していただけます。
ご希望の方は、係員にお伝え下さい。

空港でも、機内でも様々なサービスを提供しています。

上記の他にもフライトによって用意しているサービスもありますので、空港や機内でお尋ねください。

機内にはおむつ替え台が設置されている化粧室もありますので、ご利用ください。

ANAのサービス

ANAは国内線でもバシネットを使えるフライトがあるのが嬉しいですよね♪

バシネット以外にも赤ちゃん向けサービスがあります。

サービス内容
  • お子様用携帯ベッドの持ち込み
  • 空港内でのベビーカー貸し出し(予約不可)
  • 粉ミルク、紙おむつの用意
  • 赤ちゃん専用毛布の貸し出し
  • 赤ちゃん用、お子様用の機内食
  • ANAオリジナルおもちゃ

ANAもJALと同様、空港や機内で様々なサービスを用意していますので、上記以外にもお問い合わせください。

航空会社ごとにオリジナルおもちゃがあるのは楽しいですね♪

大人が集めたくなっちゃいます!

関連記事でも詳しく赤ちゃん向けサービスを紹介していますので、こちらもぜひお読みください。

飛行機に乳児を乗せても大丈夫?コツを押さえて安心な空の旅へ

座席指定時の幼児マーク

引用:JAL公式サイト

JALなど一部の航空会社では、飛行機の座席指定時に「幼児マーク」を表示しています。

どこの席に幼児(3歳未満)が座っているかがわかるので、ほかのお客さんは席を選ぶ際に参考にできます。

赤ちゃんを連れて乗るときは、幼児マークのある席の近辺を選ぶと、まわりも家族連れなどで子供を温かい目で見守ってくれるかもしれません。

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?

バシネットの利用条件には体重制限、年齢制限の上限がありましたが下限が示されていませんでした。

赤ちゃんは飛行機にいつから乗ることができるのか、赤ちゃんにも航空券は必要なのかをご説明いたします。

生後8日から飛行機に乗れる

国内線・国際線ともに、生後8日から乗ることができます。

この基準は、WHO(世界保健機関)が「生後48時間以内の新生児は航空機旅行には適さず、生後7日以内は控えるべき」と示しているためです。

ただし、事前に医師と相談をしてから搭乗するようにしましょう。

関連記事で詳しく説明しています♪

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?リスク・悪影響や注意点

座席の使用方法で航空券の有無が決まる

飛行機の赤ちゃん料金は、国内線と国際線で違います。

航空会社によっても異なりますが、基本的には2歳未満の赤ちゃんは座席を使用するか、しないかで料金が決まります。

座席を使用:航空券の購入が必要

  • 大人と別の席で乗る場合
    ただし、生後8日〜1歳までの赤ちゃんはシートベルトサイン点灯中は大人の膝の上に乗せること。
  • 飛行機でチャイルドシートを使用する場合
座席を使用しない:航空券の購入が不要

  • 大人の膝の上に座る場合
    シートベルトサイン消灯中はバシネットを利用して寝かせることができる。

航空券の料金については関連記事で詳しく説明しています。

ぜひ参考にしてください♪

【初心者向け】飛行機の子供料金って何歳から何歳までなの?

まとめ

  • バシネットとは飛行機の赤ちゃんベッドのこと
  • 航空会社ごとにバシネットの利用条件があるので確認する
  • バシネットを使うには座席選びが必須
  • バシネットはシートベルトサイン消灯時のみ使用できる
  • CAさんがバシネットをセッティングしてくれるのであとは寝かせるだけ
  • 必ずバシネットは事前予約をする
  • バシネット以外の赤ちゃんサービスも要チェックで快適に

 

赤ちゃん連れで飛行機に長時間乗る際にはぜひ検討していただきたいバシネットについてご紹介しました。

大人の膝の上にずっと赤ちゃんを乗せておくよりも、赤ちゃんも快適に眠れて大人も休むことができるバシネットで、ぜひ快適な空の旅にしてください。

関連記事では赤ちゃん・子供との飛行機移動の際にチェックしておきたいことが書かれてますので、ご参考になさってください♪

飛行機で泣く赤ちゃんを何とかしたい!機内でできるぐずり対策

飛行機で子供がすやすや寝る?おすすめの便利グッズをご紹介!

子連れもこれで安心!子供の飛行機暇つぶし対策グッズ10選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です